ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ LILIES ※舞台感想と言うかRL ]
2009-06-29(Mon) 19:46:09
20日、27日と、Studio Lifeの「LILIES」に通ってます。
3チームもあるから、1回ずつでも結構大変だけど、面白いです。
明日仕事の都合がつきそうなら、残してるもう1チームも見に行けるんだけど大丈夫かな…見に行けますように…!

ところでこの作品、主役の3人を、コルダ2年生トリオ変換するとすっっごい萌えるんだよ!
ということで、続きよりそんな感じのネタバレ感想。
♪ ♪ ♪

公式のあらすじはこんな感じ。

-あらすじ-
 1952年のカナダ郊外の刑務所。囚人たちの告解をきくために訪れたビロドー老司教は突然、看守や囚人たちに監禁される。 そして、彼の目の前で囚人シモンの計画による囚人たちの手の込んだ芝居が始まる。 そこには40年前の自分の姿があった。 奔放な少年シモンと惹かれ合うヴァリエ。 そんなふたりに嫉妬心を抱くビロドー。 修道院で出会った少年たちに何があったのか、封印された過去の悲劇がよみがえる・・・


以下、ネタバレありな補足。

(「囚人たちの芝居」のあらすじ ここから)

このシモンとヴァリエっていう2人の少年が主人公。
シモンは地元の子で、容姿端麗、みんなの憧れの的。
ヴァリエはフランスからやってきたブルボン家直系の子孫で伯爵。もう家は没落してるのでド貧乏。

シモンとヴァリエは、お互いのことを好きなんだけど、封建的なド田舎の小さな町では同性愛なんて御法度なため、こっそりイチャイチャする日々。
シモンに憧れる地元の少年・ビロドーは、2人が仲良くしてるのが面白くない。
ある日、ふとしたことで、シモンとヴァリエがBでLだということがシモンの父にバレてしまい、ビロドーの密告も手伝って、シモンは父からひどい折檻を受けてしまう。
それが余りに恐ろしく、一度はヴァリエを忘れて女性を愛せるよう努めるシモン。
しかし思いは断ち切れず、紆余曲折の後、ようやく2人は堂々と思いを打ち明け合えるようになる。

その幸せも束の間、ある事件のために追われる身になってしまった2人。
逃亡中の2人のところへ、ビロドーがやってくる。シモンのためなら何でもする、ヴァリエとも何とかうまくやるから、自分もシモンたちと一緒に逃げたいということだった。
しかし、ビロドーの嫉妬心による行動のために、ヴァリエも自分もさんざんひどい目に遭わされてきたため、シモンは彼を拒絶。ビロドーを外に締めだした後、ヴァリエとの愛を全うするためにシモンは部屋に火をつけた。。。

(「囚人たちの芝居」あらすじ ここまで)

部屋に火を放って気絶したシモンは、病院のベッドで目を覚まし、その後否応なく30年間の独房生活を強いられたという。
気を失ってから目覚めるまでの数分間が自分のこの呪わしい運命を決めた。その数分間に起きた出来事を知っているのはお前だけ。何があったか言え!とビロドー司教を問い詰めるシモン。
延々囚人たちにやらせてた芝居は、ビロドーに事実を突きつけ、事の真相を告白させるためだったと。

ビロドーはシモンに真相を告げ、自らの罪を償うためシモンや囚人たちに殺してもらうことを望むが、シモンはそれをも拒絶。
ビロドーは自分の愛する者から、愛も、死も与えられず、絶望するのだった。。。



みたいな!!

ふー、あらすじ長っ!
わかりにくいところ長々おつき合いありがとうございました(^^;)

♪ ♪ ♪

で。
コレのシモン=R、ヴァリエ=L、ビロドー=Aでコルダ2年トリオ変換すると、すごいピッタリだよね!!!!というのが、最近のウチでの流行なのです(笑)。

ヴァリエは、シモン大好きオーラ全開過ぎてれんれんと言うにはちょっとアレなんだけど、コレはコレで可愛いからアリだよね☆ 照れるつっちーに向かって、素直に好き好き言うれんれんも美味しく頂きますよ☆☆
そして何よりもシモンがー!!
カッコよくてスゴいモテ男なところとか、でもめちゃくちゃ世間体を気にして自分の気持ちになかなか素直になれないところとか、でもでもイザと言うときは情熱的で男らしいところとか、何かすごい土浦っぽいなーと思って!!!(笑) 「俺は女の子に目を向けなきゃいけないんだ!わかってくれよ…」とか、アタックしてくるれんれんに言うんだよ!?ホントはれんれんが大好きなくせに!もー似合いすぎるー!!vv
あとビロドーの病んでる感じ!良かれと思ってやることが全部裏目で、結局思いも全く報われないし、不憫だったらありゃしないww 舞台見てると普通に「加地可哀想!」とか思ってしまう自分がいます(笑)。

♪ ♪ ♪

↓舞台のシーンをコルダっ子変換してみた。
ワンダフル入浴☆
食料袋かわいいv

上のRLは、バスタブの中で抱き合うシモンとヴァリエの図。
ようやっとお互いに愛を告げられるようになる感動のシーンなのですが、ココ、ヴァリエ役の人がホントに全裸でバスタブに入っていて、絵的にもかなりのクライマックスなんです、体張ってるよなーヴァリエ! ヴァリエの入浴中にシモンがやってくるので、シモンは服を着たままです。
あーーー、なんか物凄くわかりづらくてホントスミマセン…でもやっぱ、ココは描いてみたかった…!

下の加地は、ラスト付近、一緒に逃げようとやってくるビロドー。
持ってるのは食料袋。身一つで逃げてきた2人のためにいろいろと用意をしてくるんですが、結局拒否られてしまう可哀想さ加減。すっごい必死に説得してるのに、聞いてる2人がまるで無反応なのも涙を誘いますw

♪ ♪ ♪

…というわけで。
思いっきり自己満足ですが、コルダなLILIES描けて楽しかったー!
最後までお付き合いありがとうございましたvv
映画・舞台TB : 0CM : 0
It's all that I've ever knownHOME今日はコレ

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://dkeiru.blog98.fc2.com/tb.php/991-1ece80b6



copyright © 2017 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。