ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 里見八犬伝 感想メモ ]
2014-11-08(Sat) 21:19:15
本日夜公演、2回目の帰路にてメモ。
今回の1回目は先週11/2の昼公演でした。1回目は下手前方、2回目は上手後方。

大した感想ではないですが、よろしければ続きをどうぞ~。(役名、役者名、確認してないので誤字だらけかも。追々直します)

村井さん@荘介、てか他の犬士にも、前より感情移入できるかもな~と思いながら見てた。信乃だけは全然わかんないんだけどw、それ以外の犬士は前より愛せる気がしてる(笑)。

荘介は、信乃に文句言いたいために浜路を引き合いに出してくるのはちょっとどうかと思うけどw、コンプレックスを抱えてるイライラとかそういう気持ちがよくわかる雰囲気で好きだったな。信乃が絡まなければ普通にいい子だしな。
短刀の殺陣もカッコ良かった!今回もリーチ短めでドキドキしたけど!
今日の序盤、荘介1人で玉梓一味と戦うシーン、上手で起こる爆発の煙がめっちゃキレイな輪っかになってて印象的だった(笑)。
あとは動きがやっぱり綺麗だなあ。膝ついてスッと座るところとかほれぼれするね!
浜路と一緒に死ぬシーン、かわいそうだからってなかなか一緒に死ぬまではできないと思うので、やっぱ荘介ホントはイイ子なんだなとは思うけど、でも浜路的には女として愛された上のことじゃないのでやっぱり浮かばれないのかなあ…とかどうでもいいことを考えるw

あとは玉ちゃんが良かったな~。毛野は役的にもオイシイけど、玉ちゃんの独特の雰囲気がハマっていい!あのちょっとヘンな声がすごくイイ!!一瞬だけ殺陣で馬場くんと絡むときにおっ!と思ってしまってスミマセンw(笑)

あとまひろくん@親兵衛も良かったな。無邪気なニコニコ笑顔が、綺麗な顔と相まって感情欠落してる感すごい。殺陣も前回より今回の方が美しかったと思う。公演中にまだまだ綺麗になっていきそう。
関係ないけどまひろくんと馬場くんの顔の小ささはホント遠近感狂うよね(笑)。
それとまひろくん宛てに高虎お兄ちゃんの中の人からお花が来ててめちゃくちゃときめきました(笑)。

小文吾はやっぱりイイヤツだよね、何も悪いことしてないし、一番素直に応援できるというか(笑)。今回の荒井くんも良かった。小文吾の話をそばで聴く荘介の絵面とか、ちょっと不思議な気分(笑)。あとぬいちゃんにとどめをさそうとする親兵衛とか(笑)。

そうそう、房八とぬいちゃん今回も可愛かったな~!あの2人を殺されたらそりゃ怒るよな!
あと悪四郎と佐母次郎も好き。

白石さん@玉梓伏姫、宝塚オーラばーん!みたいのはもちろんなくて普通の感じなんだけど、あのキャラだと逆に普通っぽい方が狂気じみてて怖いのかもなと思ったり。そもそも夫婦とか親子関係がちょっと変になってたところに不思議な力が加わっちゃって大変なことになってるわけだし、もとの人間は普通ってかむしろ弱さがある方がお話に合ってるのかもな。伏姫の言動とかハア~!?だけど、理不尽なこと言われても、人間だもの、で割と納得できるかもと今回思ったわ。結局みんな自分のことしか考えてないって、それはそれで清々しい気がしてきた(笑)。
お腹が光る演出も、1周回って楽しみになってきた(笑)。

セットがかなり頻繁に細かく動く演出。前方で見たときは正直ちょっと鬱陶しいと思ったけど、引きで見たらそうでもなかった。まあ、それにしてもあんな動かさなくてもいいとは思うwwあまり変化のない舞台装置でもガラッと状況が変わって見える演出の方が好き(笑)。



まあそんなこんなで結構楽しく見てます(笑)。劇場が快適なのも嬉しい。本当に嬉しい。
もう1回行くので、まったり楽しみたいです。
映画・舞台TB : 0CM : 0
里見八犬伝 感想メモ その2HOME指揮帰り

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://dkeiru.blog98.fc2.com/tb.php/1908-66eaabb5



copyright © 2017 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。