ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ 鈴木拡樹ファン感謝トークライブ ]
2011-07-04(Mon) 18:13:57
日曜日は鈴木拡樹君のイベントでした~@六行会ホール。
信蘭でハマり、小次郎で本格的に落ち、先日のマコーレイ先生で射貫かれ…という感じで、着実に好きになってきてる拡樹君がイベントやると聞いたら行くしかない!
ゴロウとともにいそいそ行ってまいりました☆☆☆

続きより、テンションだけで書いたうろ覚え感想。
ムダに長いです。
「」使ったりしてますが、全部記憶なんで、一字一句どころか内容すら合ってるか定かではありません、スミマセン;
あと、途中に舞台「Blood Heaven」のネタバレがあります(拡樹君ブログに書いてあった範囲)。
ほかにもいろいろ適当な上キモイですが、よろしければ萌え吐き出しにおつき合いください。
リアル妖精さんとの遭遇

・開始時間ピッタリに司会のお兄さん登場!「私、司会の『すずき なおき』と申します~」で会場爆笑(笑)。
・「それでは早速お呼びしましょう、鈴木拡樹君でーす!」で、何と客席横の入り口から登場!!!!下手の方から入ってきて、真ん中の通路を上手側まで来てから舞台に向かう拡樹君…いきなり結構そばを通られてドキドキ!!!!
・司会「では自己紹介をお願いします」
 拡「はい。『森蘭丸です。よろしくお願いいたします!』」 超イイ姿勢でおじぎ(笑)。会場爆笑&拍手(笑)。
・拡「……ではなくて~(笑)。鈴木拡樹です、よろしくお願いしまーす☆」



・トークは、プライベートとかお仕事のこととかファッションのこととかいろいろ。
・以下思い出した順にダラダラ。
・今日のファッション(黒ハイネックノースリーブの長目カットソー+ゴーグル+豹柄サルエルパンツ+黒スパッツ?ソックス?+黒ショートブーツ)のポイントは?
・拡「とりあえずパッと目につくのがゴーグルだと思うんですけど、コレがポイントですね。こう、ゴーグルとかしてると、よく「バイクで来たんですか?」って聞かれるんですけど、これは完全にファッション用です。僕バイクの免許持ってないんで。あとは、パンツの豹柄。普段余り着ないんですけど、イベントなのでいつもと違う感じにしようと思ってコレにしました。」などなど。
・バイクの免許持ってないんだ~!ライダーやったから持ってるのかなーと思ってた。でも持ってない方が自然な気がするわ(笑)。
・好きなファッションとか。
 拡「結構ガラッとブームが変わるんですけど…今はこういう、サルエルとかが好きでよく着てます。」
・好きな色は、今は青。去年ぐらいまで赤がブームだったけど、今は青いものだとか。うーん、おらん色!(笑)
・好きな女の子のファッションについては、「好きな」って言われると難しいけど、ピンクの小花柄とか?女の子らしくていいんじゃないかなと思う、でもその人に似合ってるかどうかが一番大事、と。コレは女性の髪型についても同じようなこと言ってたな。
・↑の続きで、周りの言うことを気にするよりも、自分が着たいとか、こうしたいって思う格好をした方が自分が輝けると思う、自信を持って着たいものを着ている人をカッコイイと思う、的な話も。ホントのシャレオツ男子が言うと説得力があるぜ…!

・今の仕事をしようと思ったきっかけとか。
・もともとアクト系の専門学校に通っていたけど、当時はアパレル関係に進みたいという気持ちもあって、あんまり一生懸命やってなかった。でも当時の講師の先生(30-DELUXの清水順二さん)がすごく引きとめてくれて。清水さんに誘われて見た彼の舞台に感銘を受けてやってみようと思った。あとは「小次郎」の舞台のときに、見てくれた方が喜んでくれたり応援してくれたりというのを直接感じて、この仕事をずっとやっていきたいと思った、とかとか。
・ということは、今こうして拡樹君を好きになれたことを、清水さんに感謝しなければいけないわけね!清水さんありがとう!! 30-DELUXも1回見てみたいなー。
・先日まで「Blood Heaven」というお芝居をやっていて、先生役でした!という話。
・3時間休憩なしで、やる方も大変なんだけど、見てる方はもっと大変だったろうと思う、とw 確かに大変でした…ww
・拡「でも、椅子はめっちゃよくなかったですか!?」←フォロー?(笑)確かにあの椅子じゃなかったらとても耐えられなかったよな(^^;)
・でも、見るのは大変だったけど、あの先生見られて本当によかったよー!
・つか、マコーレイ先生って40代な設定なんだって!マジでー!?それを早く言ってくれよー知ってると知らないじゃ萌え度段違いじゃん!!
・ただでさえ小さいのに年長の役とかで大変だったとか。でも「実はヴァンパイア」という役なので、見た目余り年を取らない設定だったのはありがたかったと(笑)。
・そんな先生は、どんな感じだったんですかー?という流れで、ちょっとだけマコーレイ先生の再現!キャーかっこいい!!vv また見られて嬉しい~!!

・ほかにも、ディケイドの変身シーンを再現してくれたり☆ うー、カッコイイ!ヤバい、もう一度拡樹君登場回見直さなくては。。。
・拡「やー、何かすごいハズカシイですね…☆」
・拡「ホントはこの変身ポーズ、村井良大君のクウガのポーズやろうと思ったんですけど(笑)、チェック不足で一部分しかわからなかったので自分のをやりました(笑)」 何でクウガ?(笑) もーかわいいなー!!

・司会「その、今も名前が出てきた村井良大さんなんですが、やっぱり仲がいいんですか?」
・ちょ、ピンポイントで村井さんの話キター!!!! 多分信蘭ファンのアレを見越しての質問なんだろうけど、スミマセン、大喜びですww
・拡「はい、仲いいですよ☆ 良大君とはデビュー作が「風魔の小次郎」で一緒で、その後も1年おきぐらいに一緒に仕事していますね。」
・司会「じゃあライバルって感じですか?」
・拡「ライバル…でもあるんでしょうけど……何でしょう、自分を映す鏡みたいな感じです。デビュー作が一緒で、1年おきぐらいに仕事して、そのたびに、自分が前よりどれだけ成長できたかみたいなのがはかれるというか。」
・と、ときめく…!!!!
・でもこの後…
・拡「僕にとっては……」って言いかけたところに、次の質問「(村井さんとは)プライベートで遊んだりもするんですか?」がかぶってきてしまって、「僕にとっては……」の先が聞けなかったのがちょっと、いや、かなりショック…!!!!
・うおおおー知りたいー!! 司会の方が悪いワケじゃないけど、ココめちゃくちゃ残念だよー、スミマセンキモい信蘭ファンで本当にすいません…orz
・で、その質問の答え。拡「最近はあんまり行かないですね~。それこそ風魔のときとかはよく遊んでたんですけど。。。」
・拡「でもこの間の良大君のお誕生日には、おめでとうのメールはしました☆」 かわええ…(´ω`*)

・あとナマ敦盛も!キャー、おらーん!!vvv
・拡「今日は良大君が来られなかったので、かわりに、もう僕の相棒とも言える一慶君に相方をお願いしてますー☆」
・「良大君が来られてたら本物の信蘭でやってくれたのかよ!」と思ってしまうアレな頭ですいません…。
・一慶君は、「ここはグリーン・ウッド」のちゃんちゃんこの人?←見た人にはそう言えばわかるらしい。やっぱコレも見ておくべきなのか…。。。
・ちなみに一慶君のダンス練習時間1分未満だそうでww
・「君だけだよおらん~♪」から歌&ダンススタート!(音源がないので、お客の手拍子+ナマ歌(笑))
・拡樹君は大分ユルユル踊っていて、あー、まーサービスだし、こんなユルい感じだよね…(´ω`)と思ってしまっていたのですが…
・「♪うつけよお~」まで来た後、転調!「♪君だけだよおらん!」からは全力敦盛でしたよー、うわああ~拡樹君ゴメンナサイゴメンナサイ!!!!ちょーーー可愛かった!!!!
・1回目のユルユル敦盛は、一慶君の振り確認のためだった模様。練習ほとんどしてないはずなのに踊れてたよ一慶君!!
・拡「隣が良大君じゃないと、何か不思議な感じしますね☆」
・やっぱ敦盛は最高だなーと再認識いたしました。

・あとは、食べ物の話とか。
・好きな食べ物はサラダ(笑)特にベビーコーン。「Blood Heaven」のとき、稽古場近くの食堂のバイキングで、小さいお皿にタワーのようにサラダを盛って、そこにどれだけベビーコーンを乗せられるかやったりしていたとか。何だそれ可愛いな!!
・飲みに行ったりはするけど、お酒はあんまり飲めない。飲むときは梅酒。あとウィスキー。ウィスキーは、ちゃんとしたバーで飲んだのと居酒屋のヤツでは全然違う、とかとか。
・おつまみはチャンジャが好き。辛いもの結構平気。基本おつまみは好き。キュウリの浅漬けとか。
・ここまでの時点で、全然ガッツリしたものが出てこないという……やっぱ妖精さんは肉とか食べないのかしら…☆☆☆
・家でも料理は結構する。ちょっと前までパスタにはまっていた。生ハムとルッコラのペペロンチーノが得意。1回カルボナーラをつくったら失敗した、味が全然しなくて、コショウの味しかしなかった、とかとか。
・あ、肉が出てきた!(生ハムw)
・パスタづくりのポイントはゆで加減。「やっぱりアルデンテですか?」と聞かれ、「そうですね!」と答えるものの「髪の毛1本分芯を残すんですよね」と返され、「え?」となる拡樹君(笑)。あー、アルデンテってそうなんですね!と何か納得した様子(笑)<当日のブログによると、正確な意味を知らなかったとかで(笑)。ちゃんと拡辞苑の用語に採用されているという可愛さ!

・そんなこんなでトーク終了。



・次は事前アンケートによるQ&Aとかリクエストのコーナー。
・とりあえず一番印象深かったQ&A。
・つーても質問はうろ覚えなんですが……。。。
・Q.自分は怒りっぽくて、ちょっとしたことですぐイライラしてしまうのですが、そうならない秘訣みたいなものはありますか?みたいな。
・A.僕はあんまりそういうことはないんですけど…いつも、できるだけ「人に優しくしよう」とか「笑顔になってもらおう」と思って行動しているので。偽善に見えることもあるかもしれないけど、そうしています。それがいいのかもしれません(^-^)
・…的な答えをね…あの妖精さんにされたらもうホントにね……拡樹君なんてイイ子なんだあ~!!
・自分もすぐイライラする方なので…そういう心がけで生きていかないといかんな…と心底思いました……。。。
・あとはコレ。Q.妖精さんですか? ←(笑)
・A.妖精さん…? ……かもしれないです☆
・ほらー、やっぱり!!!!!

・セリフリクエストは、今までの役のセリフとか、告白セリフとか。
・三蔵の必殺技が聞けて嬉しかったなー、三蔵声めっちゃカッコイイ!!vv
・拡「実はこの必殺技、舞台では使えなかったんですよ。なので、今出しちゃいました☆」かっ、かわいい!!
・あと大阪弁で告白セリフ(だったかな)言ってくれたりとか☆
・司会のお兄さんを相手に、即興芝居で告白してくれたりとか(笑)。



・その後は抽選コーナー。チケットの半券を拡樹君が引いて、その人にサイン入り写真プレゼント!というもの。限定5名。
・これがですね……何とわたくし、当 た っ て し ま い ま し た …!!!!!!!
・もう、えええええええーーーーー!????? ぎゃああああああああーーーーーー!!!!!! と、頭の中は阿鼻叫喚ですよ!!
・でもでも拡樹君が引いてくれたんだし!嬉しくないわけないし!!いろいろとキャパオーバーで破裂死しそうでした。。。
・しかも、席まで拡樹君が直接持ってきてくれるとか!!!! 何それホント死期が早まるからマジで……!!!!
・そんなこんなで運命のお渡しタイム。
・だんだん近づいてくる妖精さん……緊張しすぎてあんまり覚えてないんだけど…横に来てくれたらやっぱり背が高くて、ホント可愛くてキラッキラで、あああこんな私なんかの席にわざわざ来てもらってスミマセン生まれてすいません!!!!!という感じでした。
・「おめでとうございまーす☆(^-^)」と、ニッコリしながらこっちの目を見ながらあのカワイイ声で直接言われて、頭真っ白…何とかお礼だけは言えた…と思いたいww とにかくとてつもなく挙動不審だったことは間違いないですww
・いやーしかし、人間、長く生きているといいこともあるんですね……ホント嬉しいわー…今とっても幸せです…!!



・抽選とか告知とかを終えて、いよいよ撮影会~。
・せっかくですので我々も写真を撮るべく、化粧直しして(笑)待機ですよー。
・拡樹君もお召し替え!黒のロンTにモノトーンのストール、黒に白ドットのサルエル、靴だけ鮮やかな青でした。あと前髪ちょっと上げてた、かわいいー!!
・ポーズが3パターン選べるとかで。
・1.特になし(普通に座るのみ)2.裏ピース(おらん?(笑))3.2人で手でハートをつくる
・やっぱ2か3だよねー、でもちょっと3とかハズカシイかも…!(*ノノ)と思って他の方の様子を見ると、圧倒的に「3」!!
・うーん、ですよね!せっかくだもんね!!☆ よーし、コレなら自分もいける!!!!
・そんなこんなで自分の番が近づく、うーわー、また緊張するー!!!!!
・待機の間また真横から見た拡樹君は驚きの薄さでした…服の中空っぽなんじゃないかと思うぐらい身体が感じられなかった…!!
・自分の番!もう心臓が口から飛び出そう!!にこっとして椅子を指し「どうぞー☆」と言ってくれる妖精さん…何ココ天国ですか…。。。
・カメラマンさん(やくみつる似)もニコニコしつつ「ポーズどうしますかー?」と。あっ、じゃあ…ハートで…!(言うてもうた…)
・撮影自体はあっという間に終了。でも長かった…まさに永遠の刹那…!!
・拡「(写真を渡してくれつつ)ありがとうございました~!」
 け「あっありがとうございます!今日すっごい楽しかったです~!!」
 拡「ホントですか?僕トーク苦手なんで…」とココでちょっと困ったような笑顔…殺人的可愛さ!!
・とっくにライフはゼロだがまだ死ぬわけにはいかぬ…!!
・け「そんなことないです!ホント楽しかったです!!」
 拡「あ、よかったですー☆」
・この辺で「そろそろ終われよ」の意の「ありがとうございましたー」の声かけww
・最後に握手しつつ。
 け「あっ、これからも頑張ってください!!」
 拡「はい!ありがとうございます~!!」
・席を離れるときも、こっちが背を向けた後もずっとこっちを見ながら両手でバイバイしてくれる妖精さんなのでした。(てか、自分のときはわからないけどw、みんなにそうしてたから多分そうだったはず!)
・…以上で終了~……燃え尽きた…。。。
・妖精さんの手は、あったかくて大きくて男の人の手!って感じでした!あんなに華奢なのになー!!
・つーか、あの頭真っ白の状態での握手を覚えているってことは、相当ぎゅっと握ってくれたわけですよ。自席に戻って少し冷静になった時点で感触が残っているなんて!!
・今まで何回か役者さんとかと握手させていただいたけども、こんなにしっかり感触が残ってた握手ホントに珍しいです。まさに「夢だけど、夢じゃなかった」!
・しかも、向こうから両手を出して、こっちの片手を包むように握ってくれたですよ!あらゆる言動に感動させられるわ、ホントすごい。。。



・テンション高くこの感動を連れと語り合いつつ、撮影会終了までしばし待機。
・拡樹君よりシメのご挨拶。(うろ覚えすぎるので内容は割愛m(_ _)m)
・この後さらにびっくりの展開が…!
・司会「それでは拡樹君には御退場いただきますが、皆さんとハイタッチしてお別れしたいと思いますので、皆さん、できるだけ通路の方へお願いします!」
・えー何、また妖精さんとふれあえるの!?と通路の横に並ぶ我々。サーッと通り過ぎながら片手ずつバーッと触っていくのかと思いきや…
・客席に降りてきて、ひとりひとりと順番に両手でハイタッチを始める妖精さん…!!!!えー、そんなしっかり!?驚愕…!!
・自分もしっかり両手でバシッとハイタッチさせてもらいましたよ…手が大きかったよ~、もう何なのホントいい子過ぎておかしいでしょコレ!!!!
・一番上の席まで行って、もちろん反対側の通路にも行って、残ってた全員としっかりハイタッチを終えて舞台に戻り、最後センターで優雅におじぎをして退場する拡樹君。
・握手もハイタッチも感触バリバリ残ってるけど、でも幸せすぎて夢のようだったな。。。



・というわけで。
・最後の最後まで驚かされることばかりの、ホント楽しいイベントでした!
・つか、拡樹君がホントにイイ子だってのをつくづく思い知った。
・こんないい子が、すっごい悪役をやるのとか、めちゃくちゃ見てみたい!!(笑)
・月並みですが、本当に元気いっぱい、幸せいっぱいもらえたひとときでした☆☆☆
・拡樹君ありがとう!! これからも応援させてください~!


以上、長々したアレな感想、最後までお読みいただきありがとうございました!!
イベントなどTB : 0CM : 0
指揮帰りHOMEno title

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://dkeiru.blog98.fc2.com/tb.php/1718-1a8abd7a



copyright © 2017 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi