ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ 舞台版 ミラクル☆トレイン ~大江戸線へようこそ~ ]
2010-12-20(Mon) 16:18:40
ツイッターの方で連日大騒ぎしておりましたが、見てきましたよーミラトレ舞台!

会場は新宿さんにある全労済ホール・スペースゼロ。1回見つけちゃえばそんなわかりにくくないんですが、表通りから1本入ったところにあるので、初日は結構ギリギリ到着でドキドキでした(^^;) ドンマイ。

ロビーでは物販いろいろ。
主に生写真かな…メイン駅1駅につき3パターン、各4枚入り800円也。あとは車掌さんが2パターン。その他キャラクターの写真が1パターン。
パンフとかステッカーとかポスターとかも。
まめしば屋も出店中で、ココでお買物すると通販特典だったポストカードがみんなもらえるみたいなんだけど、ほとんど通販で買っちゃってるよ…ちょっと切ない(^^;)(と言いつつ、結局いろいろ買ってしまい、ポストカードセットしっかりもらってきましたがww)

あ、場内アナウンスは汐崎アイルくん@車掌さんでした(笑)。車内での注意事項をいろいろ説明。
ちょいちょいアニメの小ネタを入れてくれたりしてワクワクがとまらんぜよ!!

当初8日夜と12日夜だけ観劇の予定だったのですが、初日本当にハマりまくってしまって、ぼーっとするためにとった9日の休みにももう1回見てしまい、さらに13日夜と15日の千秋楽と、結局5回見に行ってしまいましたww
でも、ミラ☆トレファンで、けんぬファンで、BQファンの私にはタマランことこの上ない舞台だったのよ…あああ行ければ全通したかった…!!!!
はぁ、終わっちゃって本当に寂しい。でも公演期間中はホント気が気じゃない毎日だったから、終わってくれて助かったとも思える今日このごろであった(笑)。

というわけで、続きよりネタバレ感想です。
パッソンをぶつけさせていただきました。
あらすじ追ったりセリフ書いたりしてますが、いろいろいい加減なので参考程度に見ていただければ幸いです。

まとまりもとりとめもないアレですが、よろしければどうぞおつきあい下さいm(_ _)m


☆ ☆ ☆

まずは駅メン
とりあえず駅メンズのみ。
左からKENN@六本木史、渡辺大輔@新宿凛太郎、吉田友一@都庁前、杉浦功兼@月島十六夜、植田圭輔@汐留行、大山真志@両国逸巳、佐久本貴史@清澄白河十四春(とよはる)、中代雄樹@国立競技場走(そう)。
役者さんぽく描きたかったんだけど、フツーのキャラ絵になってしまいました、うーん残念画力!ww


・OPはけんぬのナレーションから。
アニメのように前口上の後、流れるもんたげのイントロ! スクリーンには電光掲示板のようにタイトルなどが流れてアニメを彷彿とさせるvv 曲に合わせて駅メンズは踊ったり(笑)。ヤバいッス、かなりテンション上がる!!
・OP後、けんぬがミラクル☆トレインについてざっと説明。あああ~、本物の史ちゃんじゃないの可愛い可愛い…vvvv 腰回りのシルエットと袖をまくってる腕が色っぽい!
・とくがわがまさかの着ぐるみで登場(笑)。ほぼずっと四つんばいなので、ある意味一番ハードなんじゃないかと思う田口さん@とくがわ…すごい! 「来たときは子犬だったんだけど、いつの間にかこんなに大きくなっちゃいました☆」と史ちゃんに説明されつつナデナデされるとくがわ可愛い…!!
・駅メンズが向こうの車両から1人ずつやってきて、その都度軽く説明。
・渡辺さん@新宿さん、見た目もさることながら声がマジ置鮎!!!!カッコエエー!! 武田さんの降板による中途参加のはずなのですが、微塵もそんなことは感じさせない素晴らしい新宿さんです、すごい!
・吉田さん@都庁さん、これまた見た目がカンペキ都庁さん…あの甲斐さんの絵のようなシルエットの人がホントにいるなんて!!(みんな立ち姿とかすっごいアニメに忠実だったんだけど、都庁さんはホントすごかった!)
・杉浦さん@月島、今回一番私のツボだったのがこの人…またしても月島にやられるのか私!わかりやすい!! なんかもう空気がいざよいで…舞台上にいるとついそっちを見てしまいますvv
・植田くん@汐留、ブログで写真を見たときから思ってましたがマジで可愛い…これが汐留が…と思わず納得!新宿さんに頭をぐりぐりされている様など、ほほ笑ましいことこの上ない…vv
・大山くん@両国さん、元気でリアクションでかくて、声がちょっとダミ声っぽいところとか(笑)、こちらもすっごい両国さん!!
・駅メンズがみんなかわいかっこよくて、しかもアニメのまったりした仲良しノリそのままで、早くも見に来てよかった感☆☆
・「あ、そろそろ止まるんじゃない?」「都庁さんのところだね」「じゃあ、リーダーお願いします」の流れでお客様をお迎えしようとキメるも、誰も乗ってこず、その後ほったらかしにされる都庁さんww お迎え時の姿勢が美しすぎるだけに切なさ倍増ww(↑図参照(笑))
・と思ったら、大きく揺れ明かりが消える列車。六本木「つり革、つかまった方がイイね」 可愛いvv
・着物を着た女の人が車内に現れすぐ消える。いぶかしがる駅メン。「ミラクル☆トレインのお客様は、悩みが解決するまで降りられないはずだ。例えそれが…」で切れる都庁さんのセリフ、まゆまゆのことッスか!!(T_T) アニメを見ててよかったと思う瞬間。
・車掌によると、その着物の女性は「お六」という江戸の八百屋の娘。ミラクル☆トレインの乗客で、もしかすると最後のお客になるかもしれないとのこと。汐留「よくわからないけどピンチっぽいね…。」
・次はどうやら新宿で止まるらしい。さっき失敗した都庁さんのためにお出迎え役を譲ってあげる新宿さんだったが、またしても淑女は乗ってこず、またしても都庁さんにはトラウマが形成されていくのだったww
・と思ったら、反対側のドアから乗り込んでくる女の子。六花(りっか)ちゃん大学2年。そこで拾ったという古めかしい手紙を持っている。ミラトレ乗客にもかかわらず、何も悩みはないと主張する彼女に困る駅メンズ。
・「車掌さんだったら知ってるかも!」ということで、いろいろと車掌さんのウワサをする駅メンズ。仮面の下はどんな顔?っていう予想は毎回アドリブなんだね(笑)。そして、そのアドリブに合わせてホワイトボードに絵を描く都庁さん(笑)。その都度絵が面白すぎて爆笑でしたww 都庁さんいちいち面白いよ!!
・車掌の怪しいウワサの数々に「こわいこわい!!」と大騒ぎする六花ちゃん。そこへやってくる当の車掌ww さらに大騒ぎする六花ちゃんを「そんな怖がらなくていいよ」と慰める駅メンズに、「私何扱いですか」と少々怒った風情の車掌が可愛いvv
・そんな車掌から、先ほど乗り込んできたお六さんの亡霊の影響で、大江戸線の6の字、ひいてはミラクルトレインが消滅の危機に直面しているとのお知らせ。
・六花「え!?消滅うーーー!!??」 とくがわ「当事者じゃないよな?」 のやりとり可笑しいww
・そして再び現れるお六さん、明かりが消え、揺れる車内。気づくと六本木・新宿・汐留・両国の4人がいなくなってしまっていた。。。

・車内から消えた4人は、江戸時代にタイムスリップしていた!
・4人が現れたのは大きな駕籠。これは「奇跡駕籠」といって、普通は悩みのある女が出てきて、それが解決されないと帰ぇれねぇんだ!と説明するのは、人の姿をしたお江戸の宿場、日本橋と内藤新宿ww 「どこかで聞いたことある…」
・お江戸大好きな両国さんは、宿場の2人とすっかり意気投合ww
・両国「ひおしがり行ってきた!」 汐留「ひおしがりじゃなくて、しおひがりでしょ?」 新宿「江戸っ子は「ひ」と「し」がごっちゃになるっていうよなぁ」 両国「ごっちゃになるっていうか…ひおしがりはひおしがりでぃ!」 日本橋・内藤新宿「ひおしがり!」 両国「江戸っ子は!」 日本橋・内藤新宿「ひおしがり!!」 の一連の流れが可愛すぎる…vvvv
・そうこうしてるうちに、さらに「奇跡駕籠」にお客が。
・現れたのは、ミラクル☆トレインにも現れたお六さんだった! 「悩みなんてありません~☆」と言い放ち、帰れないはずなのに家に帰ってしまうお六さん…。。。 日本橋さんがお六さんの真似をするのが可愛いvv


・一方、現代のミラクルトレイン車内。
・六花ちゃんにいろいろ話を聞く都庁・月島。ことあるごとにまとめようとする都庁さんだったが、その都度月島にまとめを奪われてしまうww 「月島がまとめた…!」のセリフ何回聞いても笑うwwww
・お六さんの霊にとりつかれた疑いのある六花ちゃんを除霊すべく、月島が呼んできた新駅メン、清澄白河十四春と国立競技場走が登場。
・パワースポット的なお寺があるため霊に詳しい清澄白河と、全然霊に詳しくないけどそのスカッとした感じを買われて連れてこられた国立競技場。新キャラなのにすごいなじみ方ww
・清澄白河が用意してきた除霊グッズを使って、残りの3駅メンで除霊(=モノボケ)してください!という無茶振り。ありがたきホウキ、穢れなきティッシュ、慈しみ深きお玉、、、その他、アイヌっぽいクマの置物とタンバリンが用意されていたww
・除霊終了後、清澄白河「お疲れさまでした、皆さん、本当~にお疲れさまでした」が可愛いvv
・しかし、除霊の努力もむなしく、やっぱりお六さんの霊にとりつかれていた六花ちゃんなのだった。。。

・裏でいろいろと動いていた車掌パワー?により、車内に残っていた面々もお江戸へ。車掌「とうとう、私1人になってしまいましたね…またもとどおり賑やかになるといいのですが…」 車掌さん怪しいけどいちいちカッコイイ。

・宿場の2人に案内され、お六さんの家にやってくる後発組。眠ってる先発組を、エアもんじゃで起こす月島カワユイカワユイ!!! 「またもんじゃ~?」と言いながら起きるも、実際にはつくってないことを確認してホッとする先発組ひどいww 月島「やはりそう来ましたか…気にしない!☆」可愛い可愛い!!! でもこっそりと後ろで都庁さんが月島を慰めてるのも可愛い!!vv
・お六さんの幸せな恋の話をみんなで聞く。身分の高いお相手・庄之助さんの役を、駅たちが分担してやるんだけど、ココみんなすごい素敵だった!! 特に、やたらとカッコイイ汐留と、ピュア全開な感じの新宿さんが、役とのギャップもあって印象的でしたvv
・祝言の予定はないが、明日会ってそんな話をするんだというお六さん。彼女がミラクルトレインに現れたときの「明日なんて来なければいいのに…!!」というつぶやきを思い出して、不安を覚える面々なのだった。。。

・翌日。待ち合わせに現れたのは庄之助さんではなく家の使いの者。彼と少し話した後、お六さんは泣きながらどこかへ走っていってしまった。
・お六さんを探しに駆け出す駅メンズ。しかし、お六さんと使いの者のやりとりを物陰でうかがっていた都庁・月島は、カムフラージュのために身につけていた草が足に絡まって転んでしまう。
・そんな2人を心配する風情の六本木に「俺たちに構うな…行け!パソコン!!!」と叫ぶ都庁さん!BGMはもちろん「大江戸線刑事」!!! うわああああテンション上がるううううーーー!!!!!
・しばらく二人三脚状態だった都庁・月島。「やはりコレ(足に絡まる草)を何とかしましょう!」ということで、努力の末見事分離に成功! 取れたー!と喜ぶ2人が可愛すぎ&脚が長くてキレイすぎ! 公演を重ねるうちに、立ち上がり抱き合って喜ぶようになってきてさらに可愛さ↑↑↑vvv
・さらに、「月島!」「都庁さん!」と呼び合っていたところが、千秋楽では「もんじゃ!!」「都庁さん!!」となっていてますます萌えたー!!!vv あああ~どのバージョンがDVDに入るんだあぁ~、最初・真ん中・終盤、の3パターンぐらい入れて欲しいマジで…。。。
・何とかお六さんを見つけ出す駅メン。話を聞いてみると、庄之助さんは、もっと身分の高い家の娘と結婚することになったので、あなたとの約束はなかったことにしてほしいと言われた、とお六さん。
・庄之助さんからだと絵封筒を渡されるも、中には何も入っておらず、絶望したお六さんは二人の思い出の場所から身を投げて死のうとしていたのであった。。。駅メンピンチ!!
・六花「待って!私、その手紙の中身持ってるの!! ココまではいい知らせ。 あと、残念なお知らせがあります。その手紙の中身ですが……どっかで落としたっぽい!!!」 駅メン「あぁ~…(がっくり)」
・六花ちゃんが乗車してきたときに持っていたのは庄之助さんからの手紙だった! 何とか探そうとする駅メンズ。
・みんながどうしよう…と焦る中、「こんなときはまとめよう!!」と、現代チーム・江戸チームとチーム分けを書いたホワイトボードを突然持ってくる都庁さんww>それを見て深く考える六本木「! とくがわは!?」とくがわににおいで探してもらおう!>月島「まとめが役に立ちましたね!」 都庁「このときを待ちわびていた!!」 新宿「深く考えるのも、たまにはいいもんだな」>でも、どうやってとくがわを探そう?>汐留「いいことがある!」>月島のもんじゃのにおいで見事とくがわを誘い出すことに成功!>六本木「とくがわ~!! においかいで、におい!」と、ムリヤリとくがわに手紙のにおいを覚えさせるw 乗り気じゃないのに本能で探しにいってしまうとくがわ可愛いvv つか、もうこの一連の流れがマジでタマランです、みんなイトシイよ~!!!vv

・一方、ミラクルトレイン車内で手紙を拾った車掌。「車掌用なんでもガイドブック」の禁断の袋とじをあけ、駅メンに力を貸す! 怪しいけどカッコイイ!!
・袋とじをあけようとする車掌「…ははっ。キレイにあけないと死ぬって書いてあるww」 この「ははっ」が毎回タマランでした…vv
・息を止めつつw何とか無事に袋とじをあけた車掌。非常マニュアルに従って、手紙をお江戸へ転送! 意味ワカラン!! でもこの車掌がまたムダに格好よくてドキドキ!!
・奇跡駕籠の中に送られた手紙。宿場2人が「何スかこれ?」と言ってるところへとくがわが!!!!
・「お犬様が!!」「文を欲しがっている!!!」 どうぞどうぞと差し出す2人。それを見てとくがわ「ふっ。江戸時代…最高!☆」でドヤ顔!サイコー!!

・とくがわに手紙探しを任せて、駅メンはお六さんのところへ。 六花「手紙は!?」 六本木「今とくがわが探してて…」 お六「犬任せなんてー!!!!」 シリアスなシーンのはずなのに面白すぎるよココww
・そこへ手紙を持ってくるとくがわ!お手柄ー!! ごほうびはピッツァもんじゃ!w 「東京の下町とイタリアの定番メニューのコラボレート!!」と自慢げにもんじゃを紹介する月島の動きがムダに美しくて萌えvv
・駅メンに見守られつつ、手紙を開くお六さん。しかし、その手紙にも何も書かれていなかった…!
・「私に伝えたいことなんて、やっぱりもうないんです…」と今度こそ本当に身を投げようとするお六さんだったが、手紙の間から落ちた花を六花ちゃんが見つける。それはお六さんと庄之助さんが出会うきっかけになった桔梗の花だった。
・使いの者を介するため、文には何を書いてもムダだとわかっていた庄之助さん。でもこの小さな花で、庄之助さんからお六さんへの、今までの優しさがウソじゃなかったこと、伝えたい気持ちがちゃんとあることを理解する一同であった。。。

・淑女のお悩みが解決したので、現代のミラクルトレインに戻ってきた駅メンズ。
・さっきまで何かいろいろあった気がするのに…と、お江戸での記憶はなくなっている模様。
・と、先ほどと同じように、古い手紙を持った六花ちゃんが乗車。
・手紙には、庄之助さんとお六さんが祝言を挙げたというようなことが書いてあった。 六本木「何だか今、ほっとした…」
・そして手紙と一緒に挟まっていた桔梗の花。両国「桔梗の花言葉って何だろうな?」六本木「変わらぬ愛…かな」「何となくそんな気がして」<このオチ、前半と後半で変わっていた…!(初日などは、時代劇になっていたお六さんの恋物語をDVDで見ていた六本木以外の面々が、「桔梗の花言葉って何?」と言った史ちゃんに教えてあげる、というもので、個人的には前半の方が好きだったんだよね、「みんな何で知ってるの?」と驚く史ちゃんが可愛かったので(笑))
・そして、改めて六花ちゃんの悩みを聴き始める駅メン。いつもの光景が戻ってくるのであった。。。

・ラスト、外部と謎の通信をする車掌。「はい…過去を変えて、無事に戻ってきてくれました。……しかし言っておきます。危険な司令に従うのは、今回が最後です。彼らは、大切な駅たちですから……」の最後のセリフに禿げ萌えた…!!!! 大切な!駅たち!! 車掌△~~~!!!! 最後の最後で車掌に全部持っていかれた~ずるいー!!ww
・以上で本編終了!!


・ラストのキャストあいさつ? 流れてくる「Yell from 42.3」のイントロ。そして舞台上の方に現れるけんぬ!! キャー、ナマ歌キター!!!!vvvvv 冒頭の1フレーズだけだったけど、生の「Yell~」よかったなぁ~vv
・この舞台上に登場するけんぬが、服は史ちゃんのままなんだけど、歩き方とかがもうアーティストけんぬ!!って感じでやたら格好よかったですvvv
・さらにその後、駅メンズ+車掌で「montage」!!!!ちゃんと歌って踊っている!!!! このEDの方のもんたげは、この舞台のためにけんぬがコーラスをレコーディングし直したものなんだってよ~、何それときめきまくる!!vv
・歌終了後、もう一度役者さん勢ぞろい。代表で座長けんぬがごあいさつ。。。
・終演後も車掌さんのアナウンスでシメでした。本当に終わってしまったのね…と客席が明るくなっても夢心地でしたよ…幸せな1時間45分だった…!!!!


☆ ☆ ☆


・正直、こんっっっっなに面白いと思わなかった…初日見に行ってホントよかったと思ったわ…素敵な舞台をありがとうありがとう~!!!!
・客席を後にする人たちの感想もさ!「おもしろかったね~☆」ってのばっかりだったもん! あと、私が個人的によく聞いたのは「月島の人すごい、やばい!」という感想(笑)。自分も一番ツボったのが月島だったからかもだけど(笑)、「ですよねー!!☆」と話に割り込みたくなったよ(笑)。
・翌日以降のチケット販売にも、終演後いつも列ができてたんだよ。気持ち超わかる!つか自分も買いましたし!!



・そして長々とウザイ感想というかあらすじを、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました!!
・また追加的にポツポツ何かあげるかもしれませんが(とりあえず↑で描ききれなかったキャラの絵を今描いている途中w)、また生ぬるく見守っていただければ幸いです、感謝ー!!!!
映画・舞台TB : 0CM : 0
仕事納めHOME指揮帰り

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://dkeiru.blog98.fc2.com/tb.php/1696-705c89c5



copyright © 2017 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi