ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 帰宅してきました ]
2009-09-03(Thu) 17:21:59
前記事でちょっと書きましたとおり、夏休み最終日の昨日、ケイお嬢様に連れられて、池袋にある執事喫茶「Swallowtail」へ初帰宅してまいりました☆

事前知識として、お屋敷のサイトと、ケイ様他のお嬢様たちの帰宅レポをそれなりに読んでいたのですが、大抵初帰宅の感想は「緊張したー!でもすごくステキ!またぜひ来たいvv」というのが多い印象で、ほー、どんなもんだろうな~vとワクワクドキドキvv
とりあえず、帰宅が決まってからは、「お嬢様」って呼ばれて吹き出さないようにイメトレするのを一番頑張りました(笑)。

なんでも、お嬢様は自分でやっちゃいけないことがこれでもかとあるそうで、座るときも自分からさっさと行かない、紅茶も勝手につぎ足さない、バッグも勝手に取らない、お手洗いにも1人では行かない等々、ヘタすると、出てきたお料理も勝手に食べちゃいけないんじゃないかと思ってしまいかねないほど、いろんなことをお世話いただく様子(※もちろん料理は自分で食します(笑))。
うわぁマジか……何をするにも緊張を強いられるなぁ…(^^;)

いろいろ手ほどきを受けながらお屋敷に向かう道中、つけてたチェーンベルトのパーツが外れてぶち切れるというアクシデントがあったのですが、ケイお嬢様のおかげで難を乗り切ることができ、ただただ御礼申し上げるばかりでございます、助かったよ~(*^^*)


というわけで、以下お屋敷内での何やかんやをダラダラと☆
初心者だわいい加減だわウロ覚えだわのアレな感想文な上、ムダに長いですが、よろしければ続きよりおつき合いください☆☆
執事がいっぱい!!

15:10~ 80分という回に行ってまいりました。
お屋敷の前には既に何人かお嬢様が待っていて、順番に出迎えられる様子。
入り口前にはロングジャケット+メガネのドアマンさんが、お嬢様方のお名前を聞いて中へ伝えている。おおー、階上すぐが同人誌屋さんとは思えない別世界ですな! 手に持った受付表?のようなものに書き込みをするドアマンさんが左利きだったことに軽く萌え。
ドアマンさん背後の壁にはモニターがあって、ウエイティング中のお嬢様にお屋敷でのアレコレをざっと解説するVTRを流している。某夢と魔法のキングダムみたいじゃね!?とまた軽くテンション↑。
待つことしばし、少し中に入ったところにあるゆったりしたソファーの方でお待ちください、との指示を得て移動。ソファーの左右にお屋敷への入り口があって、呼ばれた方から入る。複数入り口があるのは、別グループのお嬢様方同士がかち合わないためだと聞いてフムフム。遊郭みたいじゃね!?とまたテンション↑。

お出迎えされてお屋敷の中に踏み込むと、執事さんの第一声「お帰りなしゃいましぇ、お嬢しゃま」。
サ行がシャ行になると有名な嘉島執事という方だったそうです(笑)。すごく物腰の柔らかい、気のいいオジサマという風情。うおー、そんな丁寧にしていただけるような輩じゃないんでどうぞ普通にしてください~!と言いたいのを堪えるのが大変(笑)。
「本日お嬢様方を担当いたします森下です」と、フットマンさんの御紹介。
執事喫茶つーても全員が執事なのではなく、「執事」ってのはお屋敷でもエライ人、チーフとか責任者っぽい感じらしくて、諸々のお世話をしてくれるのは大抵「フットマン」という立場の皆さんだそう。確かに執事さんは年長者、フットマンさんは若手って感じでした。

可愛いけどキリッとした感じの(ものすごくピンポイントな例えで言うとStudio Lifeのマツシンに似ている)森下さんにバッグを持ってもらってお席まで移動。壁際の半個室、ソファー席に通されたんだけど、この席の入り口にかかってるカーテンを自分でひょいと持ち上げて座ってはいけないらしい(笑)。ちゃんとフットマンさんやらに押さえてもらった上で座るのが正しいお嬢様らしいですよ。いちいち緊張するな…(笑)。
すごい座り心地のいいソファーなんだけど、やけに背筋が伸びてしまう件。寄っかかってリラックス☆とかまだムリムリ!! 座ったら横にそれぞれのバッグを置いてくれて、何やら布をかけておいてくれます。
「膝にナプキンをおかけしてよろしいでしょうか?」と確認の上、ひらっとナプキンをかけてくれる森下さん。ホントにコレやるんだー!とニマニマがとまらない…ううーオモシロこそばゆい……!!!

何とか着席した後は、メニューの御説明。
今回私が初めての帰宅ということで、1から10まで説明してくれました。
慣れたお嬢様ばかりだと、「本日の○○」的なことの説明だけで済ます場合も多いらしい。
森下さんの説明は、にこやかにそつなく淡々と、という感じで、初心者には大変優しくてようございました☆

悩んで悩んで、イングリッシュアフタヌーンティーセットの「ヴィクトリア」ってヤツをオーダー。
いろいろと選ばなきゃいけないところは、
スコーン:本日のスコーン(バラ)
スコーンにつけるプリザーブとやら:クロテッドクリーム・季節のコンフィチュール(カシスといちじく)
サンドウィッチセットorキッシュ:サンドウィッチセット
デザートプレート:アポロ
をチョイス。

さらに紅茶を選ぶんだけど、いろいろありすぎて全然わからんので、
「オリジナルブレンドティーの中から森下さんのお薦めのものを教えてください」って言ったら、
森「香りのあるものとないものどちらがよろしいですか?」
私「あー、、、じゃあ、ない方で。」
森(メニューを見つつ)「そちらのページのものですと、すべて他のものの香りがついておりますが…」
私「じゃあ香りありでもいいですw」←とりあえずオリジナルのを頼んでみたかったw
森「メニューの次のページをめくっていただくと、こちらのものはオリジナルで香りのないものになっておりまして、パピリオセカンドかパピヨンなどよろしいのではないかと思います。」
私「(!そんなんあったのね(^^;)) へ~、、、この2つはどう違いますか?」
森「そうですね、、、パピヨンの方が柔らかい感じになります。」
私「へ~、、、じゃあパピヨンで☆」
……てなやりとりを経て、「パピヨン」て紅茶をいただくことになりました☆☆
さすが、ど素人のよくワカラン質問にもテキパキ答えてくれてすばらしい~!vv
ただ、オーダーまでで大分時間を食ってしまい、同行のケイお嬢様には申しわけないことをいたしましたm(_ _)m 次回はもう少しテキパキオーダーできるようにするッス…!!
あ、森下さんオススメの「パピヨン」は、クセがなくて大変おいしゅうございましたvvvv
ついでにカップはミントンのハドンライズだってさ。涼しげで可愛くてステキvv

オーダーが終わって少しすると、お出迎えしてくれた嘉島執事が席までやってきて、「お見送りは別の者が担当いたしますが、しっかりと引き継ぎをしておきましたので、どうぞお時間までおくつろぎください」的なごあいさつ(ウロ)。
我々が行った時間帯は、早番と遅番の交代時間を跨ぐらしく、途中で担当が交代するのだそうな。一遍にたくさんの人にお世話になれる、ある意味オイシイ時間帯☆
さらに、案内とオーダーをとってくれた森下さんもやってきてごあいさつ。「申しわけございませんが、先ほど大旦那様より別件の用を申しつかりまして、私はこれで失礼いたします。」的な感じ?(ウロ)
さすが交代時の理由もそれっぽいスな!! 我が人生初フットマンが、可愛くて優しい森下さんでよかったよ~お世話様でしたvv

さらに少しすると、交代した新担当のフットマンさんがごあいさつにやってくる。さっき水ついでくれた人だー♪
「失礼いたします。えー、先ほどまで森下という、可愛らしいフットマンが担当しておりましたが、ただいまからは、より可愛らしい、私、松岡が担当させていただきます。」と言ってニッ☆
松岡さん…さっきの森下さんよりお兄さんな風情でかなり余裕ある雰囲気の方なのに、いきなりのオモシロ攻撃は不意打ち…!!!!

ケイお嬢様によると、この松岡さん、お屋敷内でも1、2を争う面白い方なんだそうで(笑)。
その後もたびたび面白いことをしてくれました☆
●その1
突然我々の席の方を見て「( ゜д゜)!?」と驚いた顔。
何!?と思ったら、スッと真顔に戻り、「やってみただけです☆」と何事もなかったように仕事に戻る。
●その2
私の頼んだサンドウィッチセットの内容の解説時。
「…こちら海老のスイートチリソースとなっております。スイートチリ、甘くて辛いということですね。恋のように…。。。ま、これはコイではなくエビですけれども☆」
●その3
私の頼んだデザートプレートの解説時。
「…「アポロ」ということで、土台がチョコレート、その上にストロベリーの三角のものが乗っているアレが有名ですけれども、こちらはその製品とは一切、一切関係ございません!」←途中まで、クレープ包みの中身がチョコといちごなのかと思ったww
●その4
同じく「アポロ」解説時。
「(月などをイメージしたプレートなので)こう、人類の宇宙への思いと言いますか、、、我々はどう生きるべきか、というようなことを考えさせられますね。。。と、重い話になってしまいましたけれどもw、どうぞごゆっくりお楽しみください☆」
…↑こんなようなことをたびたびサラッとやる人でした。もちろんお給仕はそつなくこなしつつ。
うーん、余裕ですな、頭の回転速いんだろうなー、カッコイイですな!

そうそう、紅茶を飲み干してぼーっとしていたら、通りすがりのフットマンさんが空のカップをめざとく見つけて「よろしければお注ぎ足しいたします」と言ってくれたんだけど、その人がめちゃくちゃ美人でびびりました、これはラッキー!!vv
メガネかけてるのに、メガネよりも目が印象的!そのぐらい目がきれいで、シャギーのようでシャギーでないようなパヤパヤした不思議な髪型のその人は出雲さんという方だそうで。見た目超どストライクでした。かんばせに見とれて見損ねそうになりましたがw、紅茶を注ぐ手も美しかったv
(まーお手はみんなキレイなんですけどね☆ 繊細なだけでなく、ほどよいホネ感・スジ感が男性的で大変ステキですvv 「手のキレイさ」が選考基準に入ってるというウワサにも納得できるわ~)

お料理や紅茶堪能はもちろん、フロアにいる他のフットマンさんたちのことをいろいろ教えてもらったり大変楽しいひとときでした☆
正面のフロア席を担当されていた新海さんという方(多分)、お料理の載ったトレイを運んできた折、隣席のお嬢様が席の周囲でイレギュラーな動きをして、わ、ぶつかりそう!と思ったのも束の間、ものすっごい優雅な動きでするっとそのお嬢様をかわし、何事もなかったようにお給仕を始めたのには目を見張りました。ぷ、プロや…!!!! そして、周りを見ないのはイクナイな!と肝に銘じた次第。マナー云々以前の問題だぜイレギュラーアクションのお嬢様…ハラハラしたっつーの!
そして、ケイ様がzokkonラブな遠矢さんというお屋敷のフェアリーをしっかり目撃できなかったので、またの機会にはぜひ拝みたいです。あと、Sっぽいとウワサの若林さんに1度接触してみたいものです(笑)。

そうこうしているうちに「乗馬のお時間」がやってきまして、お見送りと相なりました。
「お見送りは、先ほどのサ行がシャ行になる執事に変わりまして、私、鋒崎が務めさせていただきます」ということで、オールバックにシッポありヘア、グラスコード付きメガネの奥の眼光は鋭く、でもやっぱり物腰柔らかな鋒崎執事に先導され、私、ケイ様、バッグを持った松岡さんと連なってお屋敷出入り口へ。
出入り口にある大きな鏡で身だしなみチェック(でも、人に見られてるのにそんなことできねぇ~ww)。
何となくお茶を濁した感じの身支度を終えるとw、鋒崎執事の口上。
「本日は天候が不安定ですので、屋外での乗馬は余り長くなさらず、屋内乗馬場もございますのでそちらにいらっしゃるのがよろしいかと存じます。後ほどそちらの松岡に白いシーツを巻かせまして、ぶら下がらせる所存です。まぁ2、3分はもつと思いますので。その後は、松岡が健康になるかと存じます(笑)。」
それを受けて松岡さん、「あ、その際は首でいきたいと思います。えぇ、リアリティーを追求して(笑)。」
こんなようなやりとりでみんな笑顔になった後、「それでは、行ってらっしゃいませ」のお言葉を背に、お屋敷を後にいたしました。

♪ ♪ ♪

というわけで。
喫茶と言うよりは、ホントにテーマパークのような空間でした…でずにーでネズ耳つけて楽しむようなノリで臨むと、とても楽しめると思いますvv 「お嬢様」を疑似体験できるアトラクション!て感じ。80分、超あっという間だった。。。
サービスはさすがにすごく行き届いていて快適だし、お料理はめちゃくちゃ美味しいし、こういう雰囲気に惹かれるわ~vって人は絶対満足できるかと☆ オマケに好みの執事さんやフットマンさんを見つけてしまったら、もう後戻りできない…ってなっちゃうのもわかるわぁ……☆☆☆

ケイ様、ステキ体験の機会を本当にありがとうでした~vv すごい楽しかったよ!!
次回帰宅の際も、何とぞよろしくお願いいたします(*^^*)
(つーか、PCサイトにも思いっきり紅茶載ってたわ…全然くまなく見られてなかったw まだまだダメお嬢様ですわ~(^^;;))


長々まとまりない感想文に最後までおつき合いいただき、ありがとうございましたvv
日記TB : 0CM : 2
うわさの3作目HOME夏休み最終日

COMMENT

楽しんでいただけたようで何よりですわ~☆
オーダーの件とかはもう全然、全くお気になさらず!
80分だと基本、巻きが入るから(笑)

今後も是非是非、ことあるごとに一緒にご帰宅していただけたら嬉しゅうございますv
つか、イラストがめっちゃ可愛くて似てて萌えた…!
いずれ目撃したら遠矢さんも描いて下さいねv(笑)
b y 如月ケイ | 2009.09.03(18:41) | URL | [EDIT] |
>ケイさま

先日はどうもでした~v
おかげさまで初帰宅、大変楽しゅうございました♪
おお、お気遣いいたみいる…m(_ _)m よりお屋敷を楽しめるよう、精進(?)いたします!

わー、また時間合いそうでしたら、これからもぜひ御一緒させてくださいvvv
絵にもお言葉感謝!
すっごいうろ覚えでアレですが(特に出雲さんの髪型の再現度をもっと高めたかった…もっと不思議ヘアなのに~!(笑))、萌えていただけてめちゃくちゃ嬉しいッス!vv
遠矢さんも、ちゃんと目撃できた折にはぜひ描かせていただきたいです☆<チラ見したところ、彼も結構不思議ヘアでない?(笑) ま、でも、可愛いモノを描くためなら幾らでも頑張るよ!(笑)
b y けいる | 2009.09.04(11:24) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://dkeiru.blog98.fc2.com/tb.php/1112-32b97b2d



copyright © 2017 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。