ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ 指揮帰り ]
2013-09-28(Sat) 12:22:06

涼しいけど終わったら暑っ!
教室でオリジナルうまい棒作ったとかで1つくれた!めっちゃ可愛い♪

今日から「死の舞踏」。
一応最初から最後まで通してみる。うーん難しい!でもやっぱりカッコいいな~この曲!ピアノの先生のアレンジがまためっちゃ素敵!ピアノ1台でオケの曲演奏するとか格好良すぎる…!(≧∇≦)

譜面が複雑なので、譜割りをしたり強弱記号やメロディーを際立たせたり、とにかく譜面を見て書き込んで立体的に曲を捉えること。
ラストはもう狂ったように振り切りたいので(笑)、そのためには曲を楽譜をしっかり覚えること。
基本的にはずっとワルツ打法だけど、スタッカートは前に突くように、ゆったりしたメロディーは横に流れるようになどなど、あまりとらわれすぎないで良い。

次回も引き続き。もっとがっつり狂えるようにがんばるべ!(笑)
携帯よりTB : 0CM : 0
  [ 文芸漫談「こころ」 ]
2013-09-27(Fri) 23:59:51
奥泉光×いとうせいこうの文芸漫談見てきました@成城ホール。
今日のテーマは「こころ」!(だから行ったんだけど。笑)
文芸漫談初めてだったけどめっちゃ面白かった~!
「こころ」をゆるく楽しく、でも鋭く語るお二人。90分あっと言う間だった~。

以下、何となく覚えてることを箇条書き。メモなんて取ってないのでいい加減ですw

●漱石とは思えないヘンな小説。章のタイトル(「両親と私」とか、小学生の作文か!というツッコミ(笑))、分量のバランス、何なの?失敗作なんじゃない?
●海で青年が年上の男性を見初めるとか、始まりからしてBL風味すごいw←たびたび出る話題(笑)。
●出会いのシーン、先生の連れは西洋人、私も中国人の友達がいる描写。結構ワールドワイドな雰囲気を持っている(この後は全く出てこないが(笑))。
●先生はコミュニケーション不全。大方の事象の理由はこれ。
●先生は自分で自分を追い込むようなことばかりやっている。
●お嬢さんを好きなのに、お嬢さんの気持ちを確かめる方法を全部自分でつぶしたり。
●Kがいないうちは、先生を憎からず思ってる様子の大家母子の思い通りになりたくないと言い、Kが来てからは、お嬢さんがKを好きかもしれない、だったら告白なんかしても意味ないと勝手に決めつけ。
●そんなKも、半ば無理やり自分が下宿に引っ張ってきたもの。わざわざ嫉妬の原因を必死になってつれてくるとは…。
●他者とのコミュニケーションを切望しているのに、ちょうどいい感じで他人と接することができない先生。
●「先生の遺書」、何千万の人間の中で「私」にだけは秘密を打ち明けようと思う的なことを冒頭で言う。これは中学生あたりにはたまらない魅力的なフレーズ!(笑)
●でもラストの方で、「あなたや他の人にとってもきっと参考になるでしょう」的なことを言う。「私」だけじゃないのかよ!(笑)
●というか、もともと先生はこの遺書を他人にも見せるつもりで書いていたのでは。
●奥さんだけには見せないでほしい、でも世間には出してもいいよ的な、どうすりゃいいの感(笑)。
●ていうかむしろ「私」から奥さんに伝えろと言っている?
●先生が望む他者とのコミュニケーションを実現させて豊かな家庭を築くには、奥さんの理解が不可欠。Kのことを言ってしまって、許してもらえばいいんじゃんと傍目には思うけど、それができないコミュニケーション不全な先生。
●「遺書」にしても、あそこまで自分の秘密を「私」にさらけ出して、ようやく心を許した相手を得て深くコミュニケーションできるようになったかと思ったときにはもう先生は死んでしまっている…どうしても先生にはできないことなのだ。
●その先生の孤独とか、(どうしようもない魔的なもののために?)自分を追い込むように動いてしまう心を描こうとした作品なのかも。
●Kと房総に行くシーンで、「私」がわけのわからないことを叫んだりしているが、漱石もそんなふうに衝動に駆られて、巧者とも思えない支離滅裂さで、コミュニケーションの欲求を、それができない孤独を、さらけ出したくても全部は出せずに、絞り出すようにこの作品を書いたのではないか。
●あと、先生がすきなのはお嬢さんじゃなくKの方で、お嬢さんにKを取られないために、自分がお嬢さんとくっついたのではないか、とか、たびたび出るBL解釈の話(笑)。

覚えてるのはこんなような感じかな。。。
あとは、いとうさんがみうらさんと仏像とかを見に旅行に行くといっつもほもと思われるとかw、奥泉さんのスズメバチとのバトルの話とか、細かい楽しい話多数!

ずっと笑いっぱなしで、でもなるほど~と思う所だらけで、何とも快感なトークでした。
ラストの、奥泉さんのフルートといとうさんの効果音?(アレは何というのか…何か音の出る小さなマシンを操ってた)による、その「こころ」で描かれた孤独的なものをテーマにした演奏も素敵でした☆
お二人の共著買ってサインいただいてきた♪

テーマになる作品は、やっぱり知らないよりは知ってた方がより良いだろうな~という感じ。自分はおととしの舞台前に読んだきりだったけど、何となく分かってたおかげで非常に楽しかったです☆
好きな作品がテーマになることがあれば、またぜひ行きたい! 有意義な時間を過ごさせていただきました♪
イベントなどTB : 0CM : 0
  [ 指揮帰り ]
2013-09-14(Sat) 12:27:12

前回書けなかったので1カ月ぶりですがw ちゃんと通ってはいますww
ぞっこん美味しい!

今日も「花のワルツ」。
頭から通して、止まらずに止められずにラストまで!先生に拍手もらえたよ、うわーい!!!!!(≧∇≦)

やりにくかったところありますか?と聞かれて、何度やっても苦手なヘミオラ部分のおさらい。
音型に惑わされずに、ひたすら心の中でカウントして乗り切るしかないらしいw
あとは、あまりしっかり振ると演奏者もやりにくい部分なので、演奏者を信じて任せて、次のフレーズの頭を揃えることを考えた方がいいとのこと。

それから、ワルツ打法から3つ振りにする間に、rit.を忘れずに。
ワルツ打法→3つ振り=速度が落ちるということなので、急に振り方を変えずにワルツ打法でだんだんスピードダウンさせてから3つ振りにする。

大体こんな感じで、でも全体的によくおさらいしてあって、強弱やメリハリもあってとても良かったですよ(*^^*)て言われた~、わー誉められためっちゃ嬉しいい~!!!!

これで「くるみ割り人形」全部合格!!やったーありがとうごさいました!すごい楽しかったです!!

次回からどうします?てことで、ダメ元で言ってみた「死の舞踏」にOKが出たので(ピアノの先生がそらでチョロッと弾いてくれた…かっけー!)、次回から「死の舞踏」です、嬉しい!
まずはスコア買ってこなきゃ。次も頑張ろー!
携帯よりTB : 0CM : 0
  [ ああーやだやだやだ…!! ]
2013-09-12(Thu) 03:45:04
スミマセン、またツイッターでの重複当選チケ譲渡の愚痴です。
前に書いたのとほとんど同じ感じですが、また見かけてイライラが収まらなかったので吐き出しです。
また口汚いです。自分基準で好き勝手なこと言ってます。自分も大分ゲスいです。スミマセン。

 More...
日記TB : 0CM : 0

copyright © 2013 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi