ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ 指揮帰り ]
2014-07-12(Sat) 12:27:58
財布を忘れて、Suicaの残金も心許ないので水分補給ナシ!早く帰りたいw

今日はアヴェ・ヴェルム・コルプス復習から。
アウフタクトから始まるフレーズは引っかけ、高音で、一番盛り上がる長いフレーズは、その手前のブレスをしっかり取って乗り越えられように計算する等、前回からの注意に気をつけて何とか合格!
良かった~♪

続けて本命、カッチーニのアヴェ・マリア。
調の基準の音(主音・この曲の場合はト短調なのでソ)に向かう導音(ファ#)に注意!
ファ#→ソに向かう流れがとても多い曲なので、そういうファ#が出てきたら、収束に向かうよう意識して指揮をする。
主になる和音(ソシレ)に印をつけて、その部分は強さが出るよう意識する。

主音とか属音とか下属音とか、楽典ぽいことをいろいろ教わって(楽典古本屋さんで買ったんだよなそういえば…今度読むか…)、それを踏まえて次回も同じ曲。

あとアンケートやらにゃ。忘れそうだから一緒にメモw
おけいこごとTB : 0CM : 0
  [ 指揮帰り ]
2013-06-23(Sun) 03:19:40
…ではないけどw
携帯を持っていくのを忘れて帰りにメモできなかったので寝る前に。
パラダイスティー飲みながら帰ってきました(笑)。

今回は「トレパーク」から。
速い曲なので省エネで!
fやsf以外のところはごく小さく、高く上げずにお腹の前で。
一生懸命振りすぎると、演奏がそれに合わせようとしてしまい勢いが死んでしまうことがあるので、演奏の勢いを殺さず、促すように軽く。
ラストのどんどん速く大きくなっていくところは、自分も興奮して、それを伝えられるような前のめりな指揮をすること。
何回か振って、無事合格になりました~☆

次の「アラビアの踊り」。
しゃくい→叩き→しゃくい、という振り方。叩きの幅が狭くなりすぎないように、むしろ、音が飛んでいて演奏が大変なので、幅広めに振って、1拍の長さをちゃんと取る。
スタッカートの後、5連符の前など、次の音を出すのに時間がかかりそうな箇所は拍を長めに感じて振るとよい。
メロディーは表情豊かに歌わせる感じ。タンバリンにきちんと合図を出す。
などなど。

次回「アラビアの踊り」から。できたら次の曲も少し予習。
おけいこごとTB : 0CM : 0
  [ 指揮帰り ]
2012-11-24(Sat) 12:18:54
本日はお茶なし。

今日から「動物の謝肉祭」。まずは序奏から。

ピアニストは勝手に弾いてる感じなので、とにかく弦の方を中心に振る。休みの後に入る合図を必ず。あと、ピチカートの前は固めにしっかり合図。

速くなって2つ振りになった後のテンポが安定しないので注意。トのときの点が下がってしまい気味なので、上の方までしっかり上げてそれを保つこと。最後の切り方もタイミングに注意。

2曲目のおんどりとめんどりも少し予習。2パート入り乱れてわけわからん…譜割りしてもらったけどわからん…でもアクセントのついた音はできるだけ全てに合図を入れること。

次回は序奏の復習と、2曲目。
おけいこごとTB : 0CM : 0
  [ ここ2カ月ぐらいのレッスン ]
2009-12-01(Tue) 17:11:43
月イチペースでもアレだったのに、前から2カ月も空いてしまいました。。。
どうでもいい日記は書いているのにねww
昔の方は記憶も定かではありませんが、一応メモ。


【指揮】

10/10、11/14と28の3回分。10/24は欠席。

シューマン「子供の情景」を順番にやってます。
「異国より」「珍しいお話」「鬼ごっこ」「おねだりする子供」まで、一応の上がりを見ました。

「子供の情景」に入ってからは、テクニックのおさらいはもちろんなんですが、それよりも、どうやって自分の思うように演奏してもらうか、という伝え方の方を重点的に教わっている感じです。
やはり指揮者としては「自分はこうしたい」ってのを明確に伝えないとダメだということで。確かに、ホント人によって全然弾き方が違うからなぁ(←ようつべなどでいろいろ見た)。
まぁ、私はまだまだテクニック自体覚束ないので、ますます精進せねばという感じですが(^^;)

でも、この間ようやっとCDを買ってきまして、前より聞き込むようにしたら大分マシになったような気がします!
楽譜を全部頭に入れるなんて私には到底ムリなんだから、せめて曲の流れぐらいは把握しないとだよな~と痛感してます。

しかしこの「子供の情景」って、アウフタクトから始まる曲が多いな。。。
アウフタクトで始めるのが苦手なので、毎回そこから教えてもらっています…不甲斐ないですが(^^;)
また、アウフタクトで始める=曲中のフレーズも切れ目がそこになるということなので、本来なら弱拍であるところに重みを持たせる合図をしなければならず、そこでも混乱しますww 


次回=今年最終レッスンの課題は「満たされた幸福」と「大変なこと」。
年明けから「トロイメライ」に入れるかな!vv 有理さんの演奏をこれでもかと聴いておくことにしよう☆


【ヴァイオリン】

10/3、10、16、31、11/7、14、21、28の8回分。
(10月は5週あったため、10/24がお休み)

いつごろ何をやっていたかすっかり記憶の彼方ですが、、、
本は相変わらずホーマンと鈴木4巻です。

そうそう、ホーマンの方が、11月ごろから2巻に突入しました♪ 年内に終われてうれしい~vv
1巻と同じく、基礎練習みたいな1人で弾く曲をポツポツ、二重奏は飛ばさないで進めています。
現在2曲目の1stまで終了。次回は同じ曲の2ndと、その次の曲も宿題です。

で、鈴木も、先月の中頃から2曲目、ザイツの「協奏曲第5番第1楽章」に入りました。
1曲目も、まぁ例によってできていたとは言いがたいのですが、何となくそれっぽい雰囲気で弾けてたので○にしましょう~☆という感じで先に進みました(笑)。1カ月ちょっとかかった感じ。

1曲目と2曲目は、ポジション移動がないのでかなり嬉しいのですが、勢いよくきびきび弾くのと、ビブラートがやっぱり苦手です。あと速いフレーズも苦手;; それと強い音も苦手です、力が入りすぎてギギーッ!となったり、ほかの弦まで弾いてしまうので……って、苦手を挙げたらきりがないんですがww あ、もちろん重音も苦手ですww

少しでも苦手を減らせるように、また頑張ろう…!!


こんな感じでした☆☆
おけいこごとTB : 0CM : 0
  [ ここ1カ月ぐらいのレッスン ]
2009-10-02(Fri) 15:17:55
また前回から1カ月空いた…orz
この1カ月はですね、実は少々進展があったのですよウフフ☆
というわけで、以下ざっくりレッスンメモ。


【指揮】

8/29、9/12と26の3回分。

最初の2回は、「指揮法教程」練習題の最後の曲、「美しき青きドナウ」を引き続き練習。

8/29に、導入部の指揮の仕方を教わる。
出だしは、遠~~~くの方から川のせせらぎが聞こえてくるような感じで静かに。
基本的には2拍子の平均運動で、チェロなどの低音が入るところは低い位置で、キラキラしたような高音が入るところは高い位置で振る。
テンポが上がる導入部中盤はスケルツォ打法。テンポが変わっても、自分の中でちゃんと刻んでリードすること(ってのが相変わらず出来ないw)。
終盤は普通のワルツ打法で振り、第1ワルツに向けてrit. 息を吸いつつ改めてスタートする感じで第1ワルツに入る、、、という感じ。

序盤、一応形は振っているんだけど、自分が今何処を指示しているのか良くわからなくなってくるという指揮者にあるまじき事態にたびたび陥る…チェロを指示して!とかって、どこでどうしたら!?みたいなのがしばしばww なるべくトレモロに惑わされないように、メロディーを聴くようにしないといけません(^^;)
難しいです。。。


で、9/12は、この「美しき青きドナウ」を序奏から第5ワルツまで全部通してみましょう♪という回。

何とか最後までたどり着くことは出来ましたが、まだまだ全くリズムが安定しないのと、何よりも息が苦しいですね(^^;)と言われてしまった、、、ブレスを入れるべきところでも息を詰めてしまうんだよね~…ずーっと言われているんだけど、自分がリラックスできてないんだよなぁ;; 
でも打法の変化をつけて振りたいという感じは伝わってきたので、コレで上がりにしましょう~♪ということで、めでたく「指揮法教程」終わりになりました! やったーvvvv
いつまでたっても出来の悪い生徒ですが、先生方本当にありがとうございます!!vvv

次からは、一番最初に使った教本に戻ってまたレッスンしていきましょう、ということに。
シューマンの「子供の情景」を順番にやりながら、今まで習った打法のおさらいや、新しい振り方を教わります。
最初は、教本にも解説が載っている「異国より」から。
振り方をうっすら教わって、次回からやってみることになりました!
今度からDVDに頼れなくなるわけですが(^^;)、またやれるだけがんばるぞい!!


で、9/26。
シューマン「子供の情景」の「異国より」。

この曲は8分の6拍子なのですが、2拍子の叩きのようにV字に振りつつ、この間までやっていたワルツのように円運動をするという、スッと理解するのがめちゃ難しいことを言われる(^^;)
V字の右の方に向かって円運動をして「123」、今度は左の方に向かって円運動をすることで「456」を示すということらしい。
さらに、それのみならず、「跳ね上げ」と「しゃくい」を織り交ぜてやるようにと。
基本的には叩きの動きを意識する「跳ね上げ」と、音を強調するためにグッと重みをかける「しゃくい」を、曲の流れに合わせて使い分けましょうということなんですが、、、むむむ難すぃ~~~!!!!!
こうして書いててもサッパリわからないし、振ってみてもますます混乱するという始末なのですが、、、次回までにもう少し、せめて頭でだけでもわかりたいと思います。。。(どうかな…;;)

というわけで、「異国より」は次回に持ち越し。
次の曲「珍しいお話」の説明をうっすらされて、この回は終了でした。


【ヴァイオリン】

9/5、12、26の3回分。
(8/29は5週目でお休み、9/19はイベントのためお休みにしてもらいましたw)

変わらずホーマン1巻と鈴木3巻。

ホーマンは、やっぱりノロノロですが順調に前進中。
何か、どんどん普通に重音とか出てくるようになってるw
まだ開放弦の多い簡単な音だから何とかなってるけど、後々怖いなぁ…(^^;)
変わらず年内の終了を目指したいっす!

教本も引き続き「ブーレ」。
毎回出来てるような出来てないような…という大変危うい感じw(<ていうか、一般的に言ったらもちろん出来てないんだけど、そろそろ上がりにしちゃってもいいかなー…というところに到達するかしないかという風情ww)

しかし!
こちらも9/12、「大体良いので上がりにしましょう~♪」ということで教本終了しました!やったー!!
9/12は、指揮もヴァイオリンも教本が終了したという、すごくイイ日になりました♪♪♪
ううう、ヴァイオリンの先生もありがとうございます…!!!

次からは鈴木の4巻を基本的に練習しつつ、「ハバネラ」とか、RSOで新しく練習することになった曲などを見てもらうことにしました。
ますます頑張ります…出来る範囲でですが!(^^;)


そしてイベント明けの9/26。
この回からはホーマン1巻と鈴木4巻!! 新しい本嬉しい~vv
教本は自分で用意したので、レッスンまでに少し練習しようかな~と思ったものの、一気にやたら難しくなってたので自主練は早々に諦めましたwと先生にぶっちゃけ、「あー、そうだよねーw」と言われながら説明していただく。

曲の前にトナリゼーションとか、ポジション練習用の短い楽譜がたくさん載っているんですが、その辺は追々混ぜていくことにして、とりあえず1曲目のザイツ「協奏曲第2番第3楽章」から。
こ、コレがウワサに聞くザイツ…(ゴクリ)。
今までよりもギュッと詰まった楽譜に腰が引けますが、この曲ではまだポジション移動も出てこないし、ゆっくり少しずつ見ていけば大丈夫だよー☆と言われたのでちょっと安心。
1ページ目中ほどぐらいまでが宿題になりました。
CDいっぱい聴いて、曲を覚えて頑張らないとな! 今より上手くなれますようにー!!


こんな感じでした~♪
おけいこごとTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi