ヤサイセイカツ~青の野菜~

日常とか萌え語りとかをまったりと。 たまに絵を貼ります。 結構愚痴ったりもします。 諸々吐き出しの場ですが、よろしければおつき合いください。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 指揮帰り ]
2014-10-25(Sat) 12:21:05

前回書きそびれたw
日記はないけど休んではないですww

前回からアルカデルトのアベマリア。
聴いたことなかったけどキレイな曲♪

1拍目休み→2拍目からメロディー開始って箇所が結構あるので、1拍目にアクセントつけないよう注意。
ソプラノが伸ばしてる最中に入る別パートへの合図もしっかり出すこと。
前回の諸々の注意を受け、今日無事合格!アベマリア特集の楽譜終了~嬉しい☆


そんで今日からサラサーテの「カルメン幻想曲」。
桐也曲を選んでみました(笑)カッコよくて大好き!

バイオリニストがテクニックをひけらかすための曲なので(笑)、指揮者はソリストの様子を見つつ、それに合わせるようにオケを振るのが仕事。
メロディーを歌わせまくるヴァイオリンのソロのときは振らないで良い。そのかわり、オケが入る箇所はカッコよく決められるようしっかり合図を出す。

今回は予習不足なのもあり、125小節目までを説明受けながらやってみた。
次回も同じ辺りを、もう少し研究してから挑戦~。
スポンサーサイト
携帯よりTB : 0CM : 0
  [ 指揮帰り ]
2014-09-13(Sat) 12:21:06

イベントで休んだりしてたら1カ月更新してなかった!w

今日もアベマリア。
シューベルトから。

今までのピアノの先生が今月から別のお仕事ということで、今日から12月まで可愛い女性の先生に交代。よろしくお願いしますー☆

ゆっくりな曲は息も苦しいので、ブレスの合図をしっかり。長めのフレーズ前は特に注意。
三連符など、音が多く歌いづらい部分はゆっくりめに。シューベルトなどはロマン派で、心の動きを曲で表しているので、曲の中でテンポに揺れをつけてロマンチックに演奏すると良い。

次はマスカーニの。
間奏曲の中にアベマリアがあるんだね…。
こちらも、ブレスをしっかり。ピアノ譜には歌と違う指示があったりするので、それにも注意。ラストの盛り上がりをしっかりキメること!

ラストもう1回シューベルトを振って無事合格♪
次回はマスカーニから。

そろそろ次何やるか考えなくては~。
携帯よりTB : 0CM : 0
  [ 指揮帰り ]
2014-08-09(Sat) 12:41:05

ジメジメで今にも雨降りそう~。暑さはキツくないけどムシムシする!

今日はグノーの復習から~。
余り速くなりすぎないように。
「サンタマリア」と歌うところで転調している→強調したい箇所なので、振り方をしゃくい気味にして曲想を変える。
歌詞が子音sなどで終わる箇所は、sを発音するタイミングを示すために必ず音を切る。
そんなこんなでこちらは合格!

次はシューベルト。
4拍子だがとてもゆっくりなので、1拍を2つに振る分割打法、または4分打法を用いるのがいいかということで、分割でやることに。
前奏のアクセントの位置に注意!「1と2と」の「と」を大げさ気味に合図。
3連符の部分は歌うのが大変なので、たっぷりゆっくりめに振る。

次回はシューベルトから~。
携帯よりTB : 0CM : 0
  [ 指揮帰り(7/26分) ]
2014-07-12(Sat) 13:18:04

ピーターパン生茶!かわええ☆
つうか暑すぎてホントヤバいね…立ってるだけで汗がボタボタしてくる~!

今日はカッチーニの続きから。
ラストゆっくりさせる場合は、分割または4つ振りに変えて指示を出す。
何回か振って、無事合格☆

次はグノーの。
速めのアンダンテ。4つ振り。
歌詞のカンマを意識してしっかりブレスの指示を出す。
強弱記号がピアノ譜にあるので注意。
山の頂上になる音はたっぷりためてから落とすしゃくいを使って。その際上半身が倒れると、ための頂点がわかりにくくなるので、体はむしろ起こすぐらいで。
ラストは歌を切る合図と伴奏を切る合図それぞれに注意。

次回もグノーから、できるところまで~。
携帯よりTB : 0CM : 0
  [ 指揮帰り ]
2014-06-21(Sat) 12:32:11

指揮終わるといつも結構汗だくw今日もお茶が美味しい☆

今日からアヴェ・マリア特集!
最初はモーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプス。

2分の2拍子。波打ち運動で前に出す感じの2つ振り。ゆったりした曲だけど指揮は前向きに。
楽譜にブレスがいっぱいついてるけど、言葉の切れ目を意識して、そこでブレスすると良い。同様に、大事な言葉の頭(マリアとか)にアクセントをつけるようにしても良い。

合唱の音の形が歌詞とリンクしていて、音からも意味を読み取ることができる。
この歌はキリストが磔刑になって亡くなるまでを描いている歌で、例えば「十字架」という意味の言葉の部分は低音部もメロディーがあり、足場があることを表しているが、「死」という意味の部分はソプラノだけで、もう足場がない=天に昇っているのを表しているとか、すっごい「へえええー!」って感じだった!合唱、奥が深すぎる…!

アンサンブルと同様に、メロディーのみならずピアノの左手を意識して振る。

次回もう1回同じ曲と、次のカッチーニを予習。
カッチーニは4分の4拍子だけど、せわしなくなるのでこちらも2つ振りで。

本命カッチーニきたー!
どっちも頑張ろ♪
携帯よりTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ヤサイセイカツ~青の野菜~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。